雇用形態がアルバイトであることも多いデリヘルのドライバー求人

車と男性

最新記事一覧

2017年02月27日
デリヘルドライバーの求人とは何かを更新しました。
2017年02月27日
デリヘルドライバーの求人の応募条件を更新しました。
2017年02月27日
給料が高い求人を見つけるを更新しました。
2017年02月27日
デリヘルドライバー求人を探してみようを更新しました。

デリヘルのドライバー求人は学生でも働ける

学生ではデリヘルドライバーの求人をする事ができないのではないかと考えてしまう場合が多いです。もちろん高校生の場合は行う事ができませんが、大学生や専門学生であれば雇ってくれる店もいくつかあります。そのため絶対に働く事ができないと言う訳ではないのでしっかりとデリヘルドライバーの求人を確認するようにしましょう。
やはり学生だと少し給料が安くなってしまうのではないかと考えてしまう場合もありますが、デリヘルドライバーの場合はそうではありません。しかし年齢の若い女の子がたくさん稼ぐ事ができる状態と同様にはならないので勘違いをしないようにしましょう。若い年齢の女の子の場合はデリヘルで働く際に人気になるので、たくさん稼ぐ事ができる方もいますが、デリヘルドライバー求人の場合は、人気などがあまり関係なので若いからと言ってたくさん稼がせてもらえる訳ではありません。
学生の人がデリヘルドライバー求人を行う場合は、学校終わりにすぐに仕事に行く事ができるようにしましょう。遅い時間からラストまで仕事をしなくてはならない状態になってしまうと、本業でもある勉強に大きく影響が出てしまう場合があります。この部分だけは注意しなくてはなりませんし、理解してくれる店で働きましょう。

デリヘルドライバーの求人の業務について

デリバリーヘルスはその名の通り女性を派遣する風俗店の一つです。電話一本で女性を派遣可能なので、今や風俗の主流になっている風俗店です。しかし、いくらデリバリーヘルスだからと言っても、デリヘル嬢自身が車等を運転して目的地まで出向く訳ではありません。ドライバーの運転のもと目的地まで派遣されるのです。こういった業務を行うのが、デリヘルドライバーの求人内容です。
基本的には運転免許だけ持っていれば応募可能なのですが、極端に運転が下手だったり、土地勘に乏しいと業務に支障をきたすので、ある程度ドライバーとしての資質がない人には不向きな業務になっています。また、デリヘルドライバーの求人は、一見すると車の運転のみの様に考えがちですが、店舗によっては利用者から料金を徴収したり、利用者の泥酔・中毒者などの危険チェック、トラブル時の対応も求められる事があります。
どこまで行うかは店舗によって変わるので、デリヘルドライバーの求人に応募する際には、よく確認してから応募すると良いでしょう。ただ、基本的には業務内容が多くなればなるほど単価が上がる傾向にあるので、デリヘルドライバーの求人に高単価を求める人は、そういったデリヘルドライバーの求人から検討してみると良いかもしれません。

正社員のデリヘルドライバーの求人について

雇用形態がアルバイトになっていることも多いデリヘルドライバーの求人ですが、中にはアルバイトではなく正社員の場合もあります。正社員の場合は、当然かもしれませんがアルバイトよりも給料が良いです。アルバイトなら時給1000円前後かもしれませんが、正社員になればもう少し稼ぐことができます。正社員になったからといってアルバイトと比べて仕事の内容がそれほど変わるわけではありませんので、もしも働く期間をあらかじめ決めることなくデリヘルドライバーとしての仕事を本格的にやりたいのなら、雇用形態がアルバイトではなく正社員のデリヘルドライバーの求人を探すべきです。
その場合は、車持ち込みが必須だったり、ドライバー経験者優遇だったりなど、採用されるための条件が少し厳しくなるかもしれません。しかし、その条件さえクリアしていれば正社員として正式に採用されやすくなりますので、何とかして条件がクリアできるようにしたいところです。
勤務時間などはアルバイトと違ってそれなりに指定されるのかもしれませんが、正社員ならそれに対応しなくてはいけません。ただ、その分給料が良いですので、デリヘルドライバーの求人で雇用形態が正社員ならできるだけ応募を積極的に検討すべきです。

イチオシ

TOP